会員登録バナー ロングライフ飲料のご購入はこちら

平成20年技術革新と労働に関する実態調査

PC作業と眼精疲労の関係

厚生労働省による調査結果によれば「目の疲れ・痛み」をともなう方が、90%前後と非常に多いのがみてとれます。
それだけではなく「頭痛」や「肩こり」も作業時間が長くなるにつれ増加しています。

厚生労働省が提唱している「VDT作業における労働衛生環境管理のためのガイドライン」では、連続作業が1時間を超えないことと、10分~15分の休憩および1回~2回程度の小休止を積極的にとるように心がけるようにいっています。これらを実施して目の疲れ軽減、眼精疲労の予防に努めるようにしましょう。

このページの先頭へ