会員登録バナー ロングライフ飲料のご購入はこちら

目に必要な栄養成分の働きについて

目に必要な栄養成分として、ビタミンAやビタミンB群などが挙げられますが、これらの栄養成分はどのような働きをするのでしょうか。ここでは、目に必要な栄養成分の働きについて注目してみたいと思います。
目の疲れにお悩みの方や、仕事でパソコンを使うことが多い方などはぜひお役立てください。

ビタミンの働きについて

・ビタミンA

目の成分のひとつであるロドプシンという物質は、明順応に欠かせない物質であり、光に対する感度を調整してくれます。ビタミンAは、棒状細胞内でオプシンと呼ばれるタンパク質細胞と結合しロドプシンとなります。
つまり、ビタミンAは私たちの視界を明瞭にするための成分の原料となる栄養素なのです。
目の機能を正常に保つ栄養成分ということで、ビタミンAを含んだ目薬も見られるようになってきました。ビタミンAとビタミンB群は、体内に蓄積できないという特性を持っているので、普段の食事や健康食品で積極的に摂取し、ビタミン不足を補う必要があります。

カルシウム

カルシウムは、骨に必要な栄養素として代表格の地位を築いていますが、目にも非常に大切な栄養成分です。
カルシウムは、眼球を保護する強膜の機能をサポートする効果に期待ができ、不足してしまうと屈折異常や眼精疲労を誘発する恐れがあります。カルシウムを効率よく摂取するには、ビタミンDを多く含む食品と一緒に摂取するのが一番です。

上記の他にも、ビタミンEやアントシアニン、マグネシウム、コラーゲンも目の栄養には欠かせない成分です。
目の疲れやドライアイ対策に目を労わろうとお考えでしたら、目に必要な栄養素やその役割について知っておくことも大切です。

このページの先頭へ