目の疲れを防ぐためにできること

眼精疲労に陥ってしまうと、ドライアイなどの様々な目の問題を引き起こします。パソコンやスマートフォンが普及した今、眼精疲労になりやすい環境ができあがっているため、目の疲れや視力低下を訴える方も少なくありません。目の疲れはちょっとしたことを意識することで、軽減させることができます。

目のストレッチ

メガネやコンタクトレンズは近眼や遠視を矯正する便利な道具ですが、自分に合ってないものは目の疲れを引き起こしてしまいます。特にメガネは、目とレンズの間に約1.2cmの距離がありますので、その分視野が狭くなっていますから当然、その範囲内で情報を得ようとします。そのため日常的に目の筋肉は使われにくくなっていますので、目の筋肉をほぐすことが大切です。
ちょっとした休憩のときに、頭を動かさずに目だけ上下左右に動かしてみましょう。

ブルーライトから守る

パソコンやスマートフォンからは「ブルーライト」が発せられており、これが眼精疲労の原因となることがあります。ブルーライトとは可視光線の中でも最も強いエネルギーを持っているもので、目の奥の網膜にまで届くといわれております。パソコン、スマートフォンの色温度や照度を調整して、PCメガネを使ってブルーライトをカットすることで、眼精疲労対策につながります。このように、ご自身の現在の環境を見直すことも眼精疲労の予防につながるのです。

蒸しタオルでリフレッシュ

目の疲れ対策としてお手軽なのが蒸しタオルです。40℃程度の蒸しタオルを目の上に当てることで、眼球や周辺の血行を促進させることができます。これは眼精疲労だけでなく、目の下にできるクマの予防方法としても人気です。仕事終わりやリフレッシュしたいときなどに、ぜひ実践してみてください。

当サイトで提供しているアントシアニン飲料は、ビルベリーを5kg分使用した贅沢なドリンクとなっております。アントシアニンは眼精疲労の予防に重宝されている成分ですので、ぜひお役立てください。

このページの先頭へ