眼精疲労を予防するには

眼精疲労

一晩ぐっすりと眠れば回復する目の疲れは単なる「疲れ目」ですが、「眼精疲労」とは、ぐっすり眠っても目の痛みやドライアイといった症状が残ったり、回復したと思ってもすぐに同じような症状が出てきたりすることをいいます。
疲れ目よりも症状の重い眼精疲労は、放っておくと全身に異常をきたしてしまうため、日頃の予防が大切となってきます。

眼精疲労の予防に試したいツボ押し

目が疲れたなと感じたとき、手軽にできるツボ押しでリフレッシュしましょう。こちらでは簡単にできるツボ押しをご紹介いたします。それぞれ10回~15回繰り返し、強さは痛気持ちいいと感じるくらいがベストです。

・清明(せいめい)

左右の目頭から少し鼻よりのくぼみで、疲れ目のときに思わず押さえてしまうツボです。人差し指の腹で小さな円を描くようにゆっくりと押していきます。

・魚腰(ぎょよう)

眉の中央から少し下がった場所にあるツボです。清明と同じようにゆっくり押してください。

・瞳子リョウ(どうしりょう)

目尻から指1本分外側にあるツボで、中指の腹で小さな円を描くように弱くゆっくりと押します。

・四白(しはく)

瞳の中心から指1本分下のところにあるツボで、清明と同じようにゆっくり押していきます。

・太陽(たいよう)

こめかみから目尻にかけて少しくぼんでいるところを、中指の腹で最初は弱く、徐々に強く押していきます。

・天柱(てんちゅう)

首の後ろに位置する筋肉の外側で、髪の生え際あたりにあるツボです。親指の先をツボに当て、残りの指は頭を包むようにして、強めに押していきます。

・風池(ふうち)

天柱からさらに指1本分外側にあるツボで、天柱と同じように頭部の重さを親指で支えるような大勢で強めに押しましょう。

・肩井(けんせい)

首と肩先の真ん中あたり、肩の筋肉の中心にあるツボです。反対側の手の中指と人差し指を使うと、押しやすいです。

体の中から予防する

眼精疲労は体の中から予防することもできます。バランスの良い食生活を送ることもそうですが、目の働きをサポートする「アントシアニン」が豊富に含まれているドリンクの活用もおすすめです。アントシアニンの成分は加熱しても安定した状態を保つため、料理に使ったり、他のドリンクに混ぜたり様々なアレンジができるのも特徴です。

当サイトで販売しております「Long Life飲料A5000」は、お子様からご年配の方まで飲めるアントシアニン飲料です。毎日の健康サポートに、アントシアニン飲料を飲む習慣をはじめてみませんか。

このページの先頭へ