会員登録バナー ロングライフ飲料のご購入はこちら

長時間のPC作業が眼精疲労・目の乾きの原因に

最近「目の奥が痛い」「目がかすむ」などといった経験はございませんか?
こんな症状が毎日続いている方は、単なる「目の疲れ」と思っていてはいけません。
眼精疲労や目の乾きなどの疑いもあるからです。 目の疲れは、十分な睡眠をとるなどすると回復しますが、目の疲れがとれずにいると慢性化して眼精疲労の原因となります。

眼精疲労は疲れ目ではありません

眼精疲労とは、見ているだけでなのに目の疲れや痛みを感じたり視界がかすんだりして、目の疲れとはちがい睡眠をとっても症状が回復しない重症の状態をいいます。
眼精疲労をそのまま放っておくと目の奥の痛み、目の乾きの他にも頭痛、ストレス、不眠、吐き気などをともなってくるケースもありますし、緑内障その他の病いには早期発見が大切ですので眼科医に通院するなどが大切になります。

長時間のPC作業をされる方へ

液晶などディスプレイを備える表示機器は、総称してVDT(Visual Display Terminals)と呼ばれており一般的にはコンピュータ作業を指しています。
適切に目を休める休憩をとったり使用する環境が正しければ、眼精疲労など健康に影響することはありません。
しかしながらプログラミング、CAD、データ入力やコールセンターでの照会などのVDT作業が長時間連続することにより疲労をもつ方が約8割もいるという調査結果が報告されています。
それらの主な症状には
眼精疲労、目の乾き、疲れ目等
②肩のこり、腰痛、目の痛み等
③精神症状(イライラ、不眠等)などがあげられます。

このページの先頭へ